logo

Twitter、ジャック・ドーシー氏を正式CEOに指名

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月06日 07時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Twitterは米国時間9月30日、共同創業者であるJack Dorsey氏を正式な最高経営責任者(CEO)に指名した。米証券取引委員会(SEC)に提出された文書が10月5日に公開され、明らかになった。これにより、Twitterの3カ月間にわたる混乱に終止符が打たれた。また、Dorsey氏は同職に復帰することになる。同氏は7年前にTwitterのCEOを解任されたが、前CEOのDick Costolo氏が辞任した2015年7月1日からTwitterの暫定CEOを務めてきた。

 SECへの提出文書によると、38歳のDorsey氏は取締役会のメンバーにとどまるが、会長職を退く予定だ。Dorsey氏は2007年から取締役を務めており、2008年に会長に就任した。

 Costolo氏は先週、取締役を辞任したとTwitterは述べた。またTwitterは、Adam Bain氏を最高執行責任者(COO)に指名した。

 CEO選定委員のPeter Currie氏は、「JackはSquareを統括しながら、暫定CEOとして、われわれの期待を満たすだけでなく、期待を超えていることが徐々にはっきりしてきた」と述べた。同じくCEO選定委員で共同創業者のEvan Williams氏も同意した。

 Costolo氏は5日、Dorsey氏がCEOに選ばれたことをうれしく思うとツイートした。Twitter取締役を辞任することについては、「Twitterの外部で騒ぐ人々は、Twitter内部の状況を少しもわかっていない」とし、「@Twitterで重要なのはたった1つの物語であり、それは世界のために構築されるものだ」とツイートした。

 Dorsey氏は典型的な大企業の幹部とは異なる。趣味でコンピュータのコードを書き、マッサージ師の資格も有する同氏は、天才で流行に敏感でアーティストというイメージを確立してきた。今では、Appleの共同創業者Steve Jobs氏やTeslaの共同創業者Elon Musk氏のように、先見の明ある革新的な思想の持ち主とみなされている。

 ユーザーを引きつける新しい手段を模索するTwitterは、そのようなDorsey氏の多方面にわたるバックグラウンドをまさに必要としているのかもしれない。

提供:Rebecca Cook/Reuters/Corbis
Jack Dorsey氏
提供:Rebecca Cook/Reuters/Corbis

-PR-企画特集