logo

マイクロソフト、ダンボール製VRキットを準備

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年09月29日 09時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、ロシアで開催する仮想現実(VR)ハッカソンに開発者を呼び込み、低価格なDIYヘッドセットを提供するようだ。このヘッドセットは「Google Cardboard」に対抗するものであると考えられる。

 素晴らしいアイデアを持つハッカソン参加者には、VRアプリケーションをテストするための「Cardboard一式」がこのイベントで与えられる。イベントは、モスクワで現地時間10月17日に開催される。

 仮想現実の技術を試すにはこれまで、人間の頭の動きを追跡したり3D画像を表示したりすることのできる高価な専用ハードウェアが必要だった。2014年にスマートフォンをディスプレイとして使用する折りたたみボール紙製のVRキットであるGoogle Cardboardがリリースされ、仮想現実はチャレンジしやすいものとなった。Cardboardヘッドセットそのものはごく基本的なものだ。低コストのボール紙製のゴーグルが含まれており、それを折りたたんで目に当てて使用する。スマートフォンメーカーは、様々な「Android」スマートフォンにこれを適応させることができる。

 MicrosoftのCardboardも基本的に似たようなものであるようだが、「Windows Phone」ソフトウェアを搭載する端末向けに設計されている。Microsoft独自のボール紙製キットに関して製品計画があるのか、あるとすればどのようなものであるのかについて、Microsoftはまだ明らかにしていない。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集