「Apple Watch Sport」の新色、ゴールドとローズゴールドをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月9日に開催されたApple Special Eventで発表されたApple Watch Sportの新色、ゴールドとローズゴールドを見ていこう。

「Apple Watch Hermes」は何が違う?--エルメスらしい3スタイルのバンド

iPhoneとの完璧なコーディネートを実現


Apple Watch Sportに追加されたゴールドとローズゴールド。これまでのアルミニウムと違って、ぐっと高級感が引き出された印象だ。バンドも白系が組み合わせとしてあるが、これまで用意されてきた真っ白ではなく、各色に合わせた淡い色合い

 Apple Watch Sportは、7000シリーズアルミニウムとIon-Xガラスを採用した軽量のスマートウォッチとして登場した。発表からちょうど1年たった9月9日に、ゴールドとローズゴールドが追加され、スペースグレー、シルバーと合わせて4色展開になった。

 ゴールドが始めから用意されていなかったことの方が不自然だったのかもしれないが、今回iPhone 6sにもローズゴールドが追加され、ラインアップが整ったといえる。

 デザイン上の変更点は一切なく、アルミニウムのリューズがスムーズに回転するデジタルクラウンや、精密な刻印がなされた背面、丸く角が落とされたガラスなどのパーツの優れた質感は健在だ。

 控えめに輝くゴールドと、かわいらしさと大人っぽさを兼ね備えたローズゴールドは、iPhoneでも見たことがあるカラーながら、腕につけるとより魅力的な存在感を伝えてくれる。いずれのモデルも、女性だけでなく、男性のユーザーも楽しめるだろう。

やはり気になるのが、iPhone 6sとのカラーマッチングだ。ゴールドに加えてiPhoneにもローズゴールドが加わり、電話と時計をおそろいのカラーでコーディネートできる
やはり気になるのが、iPhone 6sとのカラーマッチングだ。ゴールドに加えてiPhoneにもローズゴールドが加わり、電話と時計をおそろいのカラーでコーディネートできる

 タッチアンドトライでも、同じ色のiPhoneとApple Watchの組み合わせを紹介しており、iPhoneとApple Watch Sportで、完璧なカラーコーディネートは、iPhone専用のウェアラブルデバイスとしての魅力が高まった。

バンドへのこだわり


ゴールドモデルは、38mmにアンティークホワイト、42mmにミッドナイトブルーのスポーツバンドが組み合わせられる。ケースそのものに派手な輝きがないことから、後者の組み合わせは男性のユーザーにもオススメだ

 ゴールドとローズゴールドにはそれぞれ、38mmケース・42mmケースが用意されている。これらに組み合わせているのは、42mmのゴールドモデルのミッドナイトブルー以外は白系のバンドだが、本体のカラーに合わせて淡いトーンが採用されている点もこだわりが見られる。

 ゴールド38mmケースには、アンティークホワイトが、ローズゴールドの38mmにはラベンダー、42mmにはストーンが採用されており、いずれも真っ白ではない色が採用されている。また、スポーツバンドのステンレスピンは、ボディカラーに合わせてある点も、ワンポイントとして楽しめるだろう。


ローズゴールドモデルは、38mmにラベンダー、42mmにストーンのスポーツバンドを組み合わせている。スポーツバンドの軽さと、ローズゴールドの存在感のミスマッチもまた面白い

ゴールド、ローズゴールドの各モデルに組み合わせられているスポーツバンドのピンは、それぞれのケースのカラーに合わせた色で用意されている。なお、中央の赤いバンドは、今回新たに追加されたプロダクトREDのバンドだ
iPhone 6s/6s Plusに登場した新色、ローズゴールドをチェック--松村太郎が体験 iPhone 6sで進化したカメラ機能、再生中に拡大できる4Kビデオ--松村太郎が体験
iPhone 6s/6s Plusに搭載された「3D Touch」の使い心地は?--松村太郎が体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加