logo

ウェブを見ながら文書作成も--マルチタスキングに対応した12.9インチの「iPad Pro」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコで9月9日に開催されたApple Special Eventのハンズオン体験レポート第4弾。今回はiPad Proを実際に使ってみた感想をお届けする。

iPhone 6s/6s Plusに登場した新色、ローズゴールドをチェック--松村太郎が体験 iPhone 6sで進化したカメラ機能、再生中に拡大できる4Kビデオ--松村太郎が体験
iPhone 6s/6s Plusに搭載された「3D Touch」の使い心地は?--松村太郎が体験
3色揃ったiPad Pro。iPhoneとApple Watchに登場したローズゴールドは、iPadシリーズには登場しなかった。将来、A9プロセッサを搭載するであろう新型iPad Airが登場する際に、新色として登場するだろうか
3色揃ったiPad Pro。iPhoneとApple Watchに登場したローズゴールドは、iPadシリーズには登場しなかった。将来、A9プロセッサを搭載するであろう新型iPad Airが登場する際に、新色として登場するだろうか

iPad Air 2 約2枚分の広大なディスプレイ

 12.9インチ(2732×2048ピクセル)もの巨大なRetinaディスプレイを手に持てるという体験は圧巻だった。普段は15インチのRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proや、12インチのRetinaディスプレイを備えるMacBookを使っているが、キーボード部分があり、ディスプレイだけを持つことはできない。

 標準的なMacのサイズと同じディスプレイだけを手に取り、ちょうど肩幅と同じような感覚で腕を伸ばすと、視界全体がディスプレイで覆われる。

 重さはWi-Fiモデルで713g。初代iPadよりわずかに重たいが、思ったよりも軽く感じるのは、「iPad Air 2(2048×1536)約2枚分のピクセルを持つディスプレイ」との説明があったことも影響するかもしれない。確かにiPad Air 2枚よりも161g、iPhone 1台分ほど軽い計算だ。

 机の上に置いたときも、クオリティの高いディスプレイの性能を思い知らされる。これだけ広大なディスプレイでは、画面の手前と奥でディスプレイに対する角度が変わってしまう。視野角が十分に確保されていない場合、同じ映像を見ていても、色味が変わってしまうだろう。しかしiPad Proは、色の変化や光量の変化などはなく、均質な光と色味で映像を楽しめる。

12.9インチの巨大なiPad Proだが、片手で支えられるほど軽く感じた
12.9インチの巨大なiPad Proだが、片手で支えられるほど軽く感じた
初代iPadをケース付きで使い、映画や電子書籍を読んだ経験がある人なら、重さとしては同等で、大きさがある分、軽く感じるだろう
初代iPadをケース付きで使い、映画や電子書籍を読んだ経験がある人なら、重さとしては同等で、大きさがある分、軽く感じるだろう

2つのOfficeアプリを同時に動かせるメリット

広いディスプレイには、広い視野角が必須
広いディスプレイには、広い視野角が必須

 iPad Proは、iPhone 6s/6s Plusに搭載されたものよりもさらに強力な、A9Xプロセッサを搭載し、処理性能、グラフィックス性能ともにこれまでのiPadと比べて大幅に向上している。

 iPhone 6sで撮影した4Kビデオを大画面を生かして快適に編集したり、iPad向けアプリをマルチタスキングで2つ同時に操作したりできるパワフルさを最大限に生かした操作が魅力的だ。

 実際にiPad向けのOfficeアプリを2つ起動しても動作に滞りは見られなかった。確かにiPad Air 2でも、1つずつのアプリは快適に動作させることができるはずだ。1台のiPad Proで2つのアプリを同時に動かすメリットは、パソコンでの作業を経験していると、その効果を理解しやすいかもしれない。

 片方のアプリのデータを参照しながら文書を作成したり、グラフや写真の加工アプリから文書へと貼り付けたりできる。こうした作業をアプリの切り替えなしで行えるのがiOS 9のマルチタスク機能だ。

また、四隅にあるスピーカは持ち方に応じて左右と音質を入れ替える賢い機能が備わっており、画面全体から包み込まれるサウンドを体験できる
また、四隅にあるスピーカは持ち方に応じて左右と音質を入れ替える賢い機能が備わっており、画面全体から包み込まれるサウンドを体験できる
iOS 9の画面分割マルチタスク機能は、iPad Proのためにある、と感じるほどに良好なマッチングを見せてくれる
iOS 9の画面分割マルチタスク機能は、iPad Proのためにある、と感じるほどに良好なマッチングを見せてくれる
2つのiPadを同時に動かしながら連携が取れる快適さは、これまでに体験したことがなく、iPad Proのビジネスやクリエイティブの現場でのポテンシャルの高さを感じさせてくれる
2つのiPadを同時に動かしながら連携が取れる快適さは、これまでに体験したことがなく、iPad Proのビジネスやクリエイティブの現場でのポテンシャルの高さを感じさせてくれる

-PR-企画特集