まだ9月に新Mac発表の可能性、アップルイベントを振り返る--Appleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月8日~9月14日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

「iPhone 6s/6s Plus」などアップル新製品の提供スケジュールをまとめて紹介
「iPhone 6s/6s Plus」などアップル新製品の提供スケジュールをまとめて紹介
アップル特別イベント、開催目前–「iPhone 6s」から「iPad Pro」まで発表予想を最終確認(9/9)
「iPhone 6s/6s Plus」などアップル新製品の提供スケジュールをまとめて紹介(9/10)

iPhone 6s/iPhone 6s Plus

 今回のイベントの目玉はiPhone 6s/iPhone 6s Plusだ。Appleのビジネスの中核となっている製品であり、その刷新が小さく扱われるべきではない。しかし2014年に画面を拡大し、多くのユーザーを満足させていることもまた事実だ。スマートフォンに進化の可能性は残されているのか──筆者が注目したのは、この部分だった。

 iPhone 6sは、第3世代となる64ビットプロセッサA9を搭載する。とにかくパワフルなプロセッサには2Gバイトのメモリが搭載され、4K映像を2枚重ねるようなiMovieの編集にも、パフォーマンスには余裕がある。裏を返せば、低い負荷の作業にはより低消費電力でこなせることを意味し、バッテリ持続時間の向上も両立する。

 ハードウェアの魅力は、カメラの強化と新たなタッチディスプレイの搭載だ。

 1200万画素に向上したiSightカメラは、色のノイズを除去するセンサによって、発色の良さを確保している。同時に、4Kビデオと、写真とともにシャッターの瞬間の前後1.5秒ずつを記録するLive Photosを搭載し、写真に対して新たな価値を負荷している。

 セルフィー用のFaceTime HDカメラは500万画素に向上し、ディスプレイ全体をフラッシュのように光らせるRetina Flashを搭載するなど、実用性を高めている。

 3D Touchは、Apple WatchやMacBookなどに搭載された感圧タッチを実現するディスプレイインターフェースで、TapTic Engineの内蔵により、コツンというフィードバックで押し込んだことを伝えてくれる。

 ホーム画面からアプリの機能を直接開くショートカット、メールやメッセージのリストからのプレビュー、Safariなどでリンクを開く前に中のページを確認するといった用途が設定された。あらゆる操作の画面遷移とタップ数を2〜3回分ずつ減らす可能性があり、iPhoneならではの機能として発展していくことが見込まれる。

アップル「iPhone 6s/6s Plus」–画像で見る新端末とその機能(9/10)
毎年新しい「iPhone」にアップグレードできるプログラム、米国で提供へ(9/10)
iPhone 6s、「Hey Siri」の音声起動が常時利用可能に(9/10)
「iPhone 6s」を「Galaxy S6」「LG G4」「Xperia Z5 Premium」と比較(9/10)
どこが変わった「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」–過去モデルとスペック比較(9/10)
アップル「iPhone 6s」を写真で見る–「3D Touch」搭載の新4.7インチ端末(9/11)
「iOS 9」最新ベータ版、「Hey Siri」で持ち主の音声判別が可能(9/12)
iPhone 6s/6s Plusに搭載された「3D Touch」の使い心地は?–松村太郎が体験(9/12)
「iPhone 6s」で強化された機能–アップル旗艦スマートフォンの第一印象(9/14)

iPad Pro

 iPad Proは、12.9インチという広大なRetinaディスプレイを備えた大型タブレットだ。しかしその重さは初代iPadとさほど変わらず、大きさも相まって初めて手にすると、「軽くて薄い」と驚かされる。

 画面サイズの根拠は9.7インチのiPad Air 2の2枚分であり、4Gバイトを搭載するメモリとA9Xプロセッサ、iOS 9の画面分割マルチタスキング機能によって、iPad向けアプリを2つ同時に動かしても快適なパフォーマンスを備える。

 エンターテインメント面では、視野角が広く発色が変わらないディスプレイと画面の傾きによって左右の音声を切り替える各角に搭載された4つのスピーカ、快適なゲーム性能など、高い適用力を見せてくれる。しかしProと名を冠するこのモデルの本丸はビジネス市場だ。

 iPad Proのデモには、マイクロソフトとアドビが登壇し、それぞれ業界標準的なオフィスアプリ、クリエイティブクラウドアプリを快適に、しかも複数同時に動作させる様子をアピールしていた。

 また、非常に軽く滑らかで反応速度も速いスタイラス「Apple Pencil」と、スタンドにもなり、キーボードを内蔵するカバー「Smart Keyboard」を登場させたことからも、生産性を意識している点でビジネス市場に対する売り込みを強めていくことが考えられる。

「iPad Pro」、フルサイズアプリ2つを表示可能か–上位機価格は「MacBook」と同程度の可能性(9/8)
アップル、12.9インチの「iPad Pro」と「iPad mini 4」–ペンやキーボード付きカバーも(9/9)
ついに発表された「iPad Pro」–「Surface Pro 3」「MacBook Air」とスペックを比較(9/10)
アップル「iPad Pro」を写真で見る–12.9インチの新タブレット(9/11)
アップル「iPad Pro」を手にしてみた–12.9インチ画面タブレットの大きさを実感(9/11)
12.9インチ「iPad Pro」登場–iPadシリーズ、従来モデルとスペックを比較(9/11)

Apple TV

 今回発表された製品の中で、もっともミステリアスともいえる製品が、Apple TVだ。これまでのようにネットストリーミングの映像を楽しめる一方で、新たにtvOSを搭載し、開発者がテレビ向けにアプリを作れるようになった。このことから、さまざまな影響を与える可能性を秘め、また大ヒットを飛ばす可能性もあるからだ。

 特にスマートフォン・タブレットのゲーム開発者がテレビ向けのゲームに取り組めることは、中期的にインパクトがあるものと考えられる。また、iPhoneで親しまれているSiriや検索、App Storeによる機能向上がリビングルームに持ち込まれることへの影響も、非常に興味深い。

新型「Apple TV」を予想する–アップル製セットトップボックスのうわさまとめ(9/9)
「Siri」搭載の新型「Apple TV」が発表–競合3製品と比較(9/10)
新「Apple TV」が「Siri」に対応–実現する便利機能を紹介(9/10)
新しい「Apple TV」のヒット性–アナリスト3人の見解(9/11)
アップル、新型「Apple TV」で「WebKit」を削除–多くのアプリに影響も(9/14)

Apple Watch

 Apple Watch Sportには、待望の新色が追加された。新たな色は、ゴールドとiPhone 6sにも追加されたローズゴールドの2色。これに合わせて、ホワイト系ながら淡いトーンの新しいスポーツバンドが追加された。またレザーバンドも追加されている。

 Apple Watchに関して最も大きなニュースは、高級ブランドヘルメスとのコラボレーションモデルの登場だろう。Appleはクラフトマンシップの面で一致したと説明している。

 Apple Watchはステンレススチールモデルをベースに、3種類のスタイルのレザーバンドを各色を取り揃えた。Apple Watch本体にもエルメスのロゴが刻印され、エルメスモデル専用のウォッチフェースも用意される。

Apple、「Apple Watch SPORT」に新色ゴールドとローズゴールド–エルメスとのコラボモデルも(9/9)
「Apple Watch」、対応アプリ数が1万本超に(9/10)

アップデート情報

 今回の発表を受けて、AppleはiPhone/iPad向けの最新OS、iOS 9、そしてApple Watch向けの最新OS、watchOS 2を、それぞれ9月16日に配信することを発表した。またOS X El Capitanは9月30日の配信を予定しており、このタイミングでMacの新製品が発表される可能性も残されている。

「iOS 9」、米国時間9月16日にリリースへ(9/9)
「Apple Watch」のメジャーアップデート「watchOS 2.0」、米国時間9月16日に公開へ (9/9)
アップル、米司法省の「iMessage」へのリアルタイムアクセス求める裁判所命令を拒否–NYT(9/14)

その他

S・ウォズニアック氏、映画「Steve Jobs」を高評価:「正しく描いている」(9/8)
欧州5カ国でAndroidからiPhoneへのスイッチが進む–Kantar調査(9/10)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加