logo

アップル、新型「Apple TV」で「WebKit」を削除--多くのアプリに影響も

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年09月14日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、新型「Apple TV」のユーザーが同デバイス上で多くのアプリを実行できるようにしたいと考えているが、その中でも大きな一角を占めるソフトウェア群には門戸を閉ざしたようだ。

 米国時間9月9日に発表されたApple TVは、インターネット動画をテレビにストリーム配信したり、ゲームをプレイしたりできるデバイスだ(価格は32Gバイトモデルが149ドル、64Gバイトモデルが199ドル)。Apple TVの基盤となるソフトウェアとハードウェアは、Appleが「iPhone」および「iPad」で採用しているソフトウェアやハードウェアにきわめて近く、AppleはApple TV向けゲームなどのアプリを、これらのモバイルデバイス用アプリと同様に「App Store」を通じて配布する。

 しかし、iPhoneとApple TVが技術的に近いものがあるとは言え、多くのiPhoneアプリは、Apple TVに対応させるのが簡単ではない。その理由は、Apple TVのリモコンがiPhoneのタッチスクリーンと異なるからだけではない。Appleが重要なソフトウェアコンポーネントである「WebKit」を削除したからだ。「Webkit」は、開発者がウェブサイトを構築するのと同じ技術を使ってアプリを開発できるようにするコンポーネントだ。

 多くの人は、アプリがどう作られているかなど、きちんと動きさえすれば気にもしないだろうが、欲しいアプリが利用できないとなれば心配かもしれない。「JustWatch」アプリで動画を検索したり、「Sworkit」アプリでエクササイズをしたり、「Financial Times」のニュースを読んだりしたいApple TVのユーザーは、アプリ開発者がウェブ技術からAppleの新しいアプローチに移行するのを待たなければならいだろう。

 開発者にとっては、当然ながら気になるところだ。非公式のビジネスパートナーであるこうした開発者が生み出すソフトウェアは、現代のコンピューティングデバイスの成功にとって不可欠だ。あるプログラミング基盤から別の基盤へアプリを移行するのは時間がかかる作業であり、開発者が新しいプログラミング言語やツールを学習する必要がある場合には特にそうだ。開発者の中にはウェブ技術を使ったアプリ構築を好む人がいる。ウェブはコンピューティングデバイス上でほぼ共通のツールであり、開発者がさまざまなデバイスで動作するアプリを構築する際にコードを再利用できるからだ。ウェブベースのアプリの中核部分は、AppleのOS「iOS」を搭載するiPhoneやiPadで動作するし、Googleの「Android」、Microsoftの「Windows Phone」、サムスンの「Tizen」といったOSを搭載したデバイスでも動作する。

 しかし、Appleのドキュメントによると、Apple TVに搭載されているOS「tvOS」にWebKitは含まれていない。同社にコメントを求めたが、回答はなかった。


新型Apple TVとリモコン
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集