logo

ソニー、ワイヤレスリアスピーカ搭載のリアル5.1chサラウンドシステム

加納恵 (編集部)2015年09月07日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月7日、バースピーカ、サブウーファ、リアスピーカをワイヤレス接続できるホームシアターシステム「HT-RT5」を発表した。発売は10月17日。想定税別価格は8万円前後になる。


「HT-RT5」

 HT-RT5は、バータイプのフロントスピーカとリアスピーカ、サブウーファで構成する5.1chシステム。リアスピーカを設置したいが、配線が難しいと感じているユーザーに対し、スピーカ間の接続を、Wi-Fiベースのソニー独自技術でワイヤレス化した。各スピーカにはアンプを内蔵し、電源ケーブルは必要になる。

  • フロントスピーカにはHDMIを3入力、1出力とUSBを備える

 フロントスピーカには、19mmのソフトドーム型トゥイータと60mmのコーン型ウーファを搭載。Bluetoothに対応し、LDACによる高音質 ワイヤレス再生も可能だ。サイドに備えたUSB端子にUSBメモリを接続すれば、メモリ内の音楽ファイル再生も実現。ハイレゾ音源のデコードはできるが、高さを抑えた低背デザインのため、ハイレゾの空気感は再現できないとし、ハイレゾマークは付与しない。サイズは高さ56mm×幅1080mm×奥行き128mmで、重量約3.8kg。

  • リモコンと自動音場補正用ステレオマイク

 スピーカ間のサラウンド音声は、付属のステレオマイクを使って自動補正ができる自動補正機能「D.C.A.C.DX」を搭載。約30秒程度で調整ができ、マイクは手持ちでも測定ができるとしている。

 4Kの著作権保護技術HDCP 2.2に準拠し、入力された4K映像信号を、そのまま4K対応テレビへ送信する「4Kパススルー」に対応。専用アプリ「SongPal」をインストールしたスマートフォンやタブレットから、対応する複数のスピーカ機器を一括管理、操作ができる「SongPal Link」も備える。

  • リアスピーカ

 サウンドモードは、スタジアムで観戦をしている雰囲気を再現する「サッカーモード」、コンサート会場の音場で再現する「デジタルミュージックアリーナモード」、5.1chスピーカーに、背後の音を表現するサラウンドバックと高さ方向の表現を追加するフロントハイの4chを仮想的に追加する「シネマスタジオ9.1chモード」を装備。「クリアボイス設計」や小音量時でもクリアなサウンドを再生する「ナイトモード」などを備える。

 リアスピーカは高さ252mm×幅97mm×奥行き97mmで、重量約1.5kg。サブウーファは、160mmのコーン型ユニットを搭載。サイズは高さ383mm×幅191mm×奥行き386mmで、重量約8.5kgになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集