logo

新型「iPod touch」レビュー(前編)--スペック、バッテリ持続時間、カメラをチェック - (page 2)

Nate Ralph (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年08月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1043Amhバッテリの持続時間は物足りない。米CNETの動画再生バッテリ消費テストで、iPod touchは一定して6時間6分でバッテリ切れになった。第5世代のiPod touchは、平均8時間持続していた。このテストでは、デバイスを「Airplane Mode」に設定し、ディスプレイの明るさを50%まで下げ、ボリュームも50%まで落としたうえで、バッテリが切れるまで720p動画をループ再生する。また、Wi-Fi経由の動画ストリーミングもテストしたところ、こちらでは平均4時間51分でバッテリが尽きた。

 筆者の事例テストでは、もっと良い結果が出ている。筆者の使い方だと、バッテリを余裕で1日半以上持たせることができたが、音楽の再生、メッセージのチェック、ウェブ閲覧くらいにしか使っていない。この小さな画面で動画を見る気にはならないからだ。Appleの「iOS 9」では、バッテリ持続時間の向上が柱の1つになっており、「Low Power Mode」にするとさらに数時間分のバッテリ持続時間を絞り出せるようになるという。これについては、リリース後に試してみるしかない。

きれいになったカメラ

 最も飛躍的に向上したのはカメラだ。新モデルに関心のあるiPod touchファンへの最大のセールスポイントだろう。8メガピクセルの「iSight」カメラを搭載し、絞り値はf/2.4と、厳密にはiPhone 6のf/2.2よりやや遅いものの、筆者のテストでは画像はかなりきれいだった。

ラベルがなくても違いはわかるだろうか(リサイズしていない切り抜き画像)。 ラベルがなくても違いはわかるだろうか(リサイズしていない切り抜き画像)。
提供:Nate Ralph/CNET
※画像をクリックすると拡大表示します。
この1枚は思った以上にノイズが目立つものの、色の再現は忠実で、どの被写体も細部まではっきりと写っている。
この1枚は思った以上にノイズが目立つものの、色の再現は忠実で、どの被写体も細部まではっきりと写っている。
提供:Nate Ralph/CNET
これは残念な1枚。強い太陽光のもとでは、白飛びが発生し、ピンクがかった紫の彩度も強すぎる。 これは残念な1枚。強い太陽光のもとでは、白飛びが発生し、ピンクがかった紫の彩度も強すぎる。
提供:Nate Ralph/CNET
※画像をクリックすると拡大表示します。
もう1点の比較画像。同一の条件では、iPhone 6の方がはるかに豊かな色味になる。 もう1点の比較画像。同一の条件では、iPhone 6の方がはるかに豊かな色味になる。
提供:Nate Ralph/CNET
※画像をクリックすると拡大表示します。

 最高のカメラとは、いつも持ち歩いているカメラだと言われる。その意味では、もっと画素数の大きいスマートフォンの方が優れていることになるが、iPod touchは、MP3プレーヤーにしてはよく健闘していると言える。

 後編に続く。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]