logo

グーグル、組織再編を発表--新会社「Alphabet」設立、グーグルが子会社に

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年08月11日 07時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE カリフォルニア州マウンテンビューを拠点とするインターネット大手Googleは米国時間8月10日午後、新しい最高経営責任者(CEO)と経営陣を突然発表し、周囲を驚かせた。

 Googleの製品を統括するSundar Pichai氏が、同社共同創設者でもあるLarry Page氏に代わって、同社のCEOに昇格した。

 Page氏は同社から手を引くわけではない。Page氏はAlphabetのCEOに就任する。

 また同社は、Alphabetという新しい公開持ち株会社の設立を米証券取引委員会(SEC)に申請した。

 Page氏のブログ記事によると、Alphabetは、同社の一部を分離独立させたものではなく、親会社または「複数の企業の集合」であるという。同氏は、GoogleがAlphabetの完全子会社になる予定であることを明言した。

 Page氏は次のように述べている。

 Alphabetという名称は、言語を表す文字の集まりを意味するため、気に入っている。それは、人類の最も重要なイノベーションの1つであり、Google検索をインデックス化するための中核要素でもある。「alpha-bet」(アルファとは、ベンチマークを上回る投資リターンのこと)という意味になる点も気に入っている。それこそわれわれが目指すものだ。われわれがこれを、関連製品からなる大きな消費者ブランドにしようとしているわけではないことを付け加えておかなければならない。Alphabet傘下の企業は、独立性を持ち、独自のブランドを開発するべきだということが、その最大の趣旨である。

 Googleは、同社の複数の事業を統合および拡大する企業としてAlphabetを創設した。Form 8-K書類には次のように記されている。

 新しい経営体制の下、同社の主要事業であるGoogleには、検索、広告、地図、アプリ、「YouTube」と「Android」、および関連する技術インフラ(Google事業)が含まれる。「Calico」「Nest」「Fiber」などの事業、Google VenturesやGoogle Capitalなどの投資部門、「Google X」などのインキュベータプロジェクトは、Google事業とは別に管理される予定である。

 Page氏は、AlphabetのCEOとして同社を統括し、共同創設者であるSergey Brin氏が社長に就任する。Eric Schmidt氏は会長としての職をAlphabetで続行する。最高財務責任者(CFO)に就任して間もないRuth Porat氏なども、Alphabetで現在の職務を継続する。


-PR-企画特集