logo

グーグル、「Project Tango」対応タブレットの販売地域を拡大へ

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年08月05日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Project Tango」対応タブレットの提供をより多くの国に広げ、より多くの開発者が同端末に対応することを期待している。

 米国で5月にリリースされたProject Tango開発キットが、今度は韓国とカナダで提供開始された。価格は512ドル。Googleは8月26日にデンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ノルウェー、スウェーデン、スイス、英国でも同キットを発売する予定だ。

 Googleは2014年1月にMotorolaを約30億ドルでLenovoに売却したが、その際に一部のMotorola資産を残しており、Google傘下の「Advanced Technology and Projects」(ATAP)グループもその中に含まれていた。

 Project TangoはATAPによる試みの一環であり、その目的はタブレットの動きを追跡すると同時に、周囲の領域やオブジェクトを感知することだ。専用のソフトウェアがあれば、同タブレットで撮影した画像やデータを基に端末自体が3Dモデルを作成することも可能だ。

 Googleによると、これまでに出荷した開発キットは3000本に達しており、Tango専用のアプリはかなりの数に上るという。

「開発者らは既に、ユーザーが周囲の物理空間を探索できるようにするアプリケーションを数多く開発しており、例えばGPSを使わない正確なナビゲーション、バーチャルな3D空間の覗き窓、物理空間の測定、部屋の中のユーザーの居場所や周囲に何があるのかを把握するゲームといったものがある」

 Project Tango対応タブレットはGoogleの「Android」OSで動作し、現状では、NVIDIA製「Tegra K1」プロセッサ、4Gバイトのメモリ、128Gバイトのストレージを搭載する。モーションキャプチャには、ジャイロスコープや加速度計といった標準的なモバイル用センサを使用する。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集