logo

Visaデビットや電子マネー、キャッシュカード機能を備えた「ファミマTカード」--ポイントも貯まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファミリーマートとジャパンネット銀行は、ファミリーマートが発行するTカード「ファミマTカード」とジャパンネット銀行の「Visaデビット付キャッシュカード」の機能を一体化した「ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)」を、9月1日から発行すると発表した。同カードは、共通ポイントサービス「Tポイント」も利用できる。


ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)

 ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)は、ポイントカード、電子マネー機能、キャッシュカード、Visaデビット決済機能を併せ持ったカードで、コンビニ業界では初となるという。8月4日より、ジャパンネット銀行のウェブサイトでカードの予約申込の受付が開始され、全国のファミリーマートの店頭に「口座開設案内チラシ」が設置される。

 ファミリーマートとジャパンネット銀行は、2014年9月30日に提携。新たに提供するファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)は、ファミリーマートの全国約1万1400店の店舗、ジャパンネット銀行の295万口座という双方の基盤を生かした製品になるという。


参考資料

-PR-企画特集