logo

NTT Com、電力の利用状況から1人暮らしの高齢者を見守るサービス--8月から実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは7月30日、電力の利用状況から居住者の活動状況を判断し、離れて暮らす家族の生活を見守ることができるサービス「おげんきりずむ(仮称)」のフィールドトライアルを、8月より開始すると発表した。

 おげんきりずむは、1人暮らしの高齢者世帯などの分電盤にセンサを設置し、計測された利用電力の推移から生活リズム(睡眠時間/外出時間/在宅活動時間の3つ)を判断。その結果をスマートフォン用アプリで表示するというもの。

 リアルタイムの生活リズムだけでなく、過去と比較した変化も知ることができるほか、居住者が長時間活動していない場合には、アプリに通知が表示される。フィールドトライアルは、医療法人社団 博友会 金沢西病院(石川県金沢市)と連携し、事業化に向けた検証を実施する。


NTT Com「おげんきりずむ(仮称)」の概要

 提供予定価格は、初期費用が1万円程度(電力センサ、ネットワーク接続装置など)、月額利用料が1000円程度(アプリ、モバイルネットワーク)となっており、サービスの提供開始は2016年春を予定している。

-PR-企画特集