logo

グーグル、AndroidアプリのベータテストにGoogle+登録なしで参加できる新オプション

Scott Webster (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年07月31日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月30日、アプリ開発者がアプリをテストしてユーザーフィードバックを集めるプロセスの高速化を支援するためのオプションを2つ追加した。

 現行のシステムの下で「Google Play」を通してアプリやゲームをテストするのは、非常に面倒な作業になることもある。具体的には、ユーザーは「Google+」コミュニティーか「Google Group」に登録しなければ、プログラムの使用を開始することができない。

 こうした「クローズドベータ」のいくつかの利点の1つは、整然とした方法でグループディスカッションやフィードバック収集を促進できることだ。

 30日、自分のアプリにアクセスできる人間を開発者が決めることができる新種のクローズドベータオプションが登場した。開発者は電子メールアドレスを使って、.CSVファイルをアップロードしたり、手動でユーザーを追加したりできる。このシステムはテスターにフォーラムやコミュニティーへの参加を強制しない。

 多くのテスターにとってもっと簡単なのは、Googleのもう1つの新オープンベータ機能を利用することだ。基本的に、この機能はURLを知らされたすべての人間にアプリへのアクセスを許可する。しかし、開発者は登録できるユーザー数の上限を設定することができる。

 Googleがこれらの変更を施している理由は明白だ。同社の調査結果によると、人気アプリ開発者の80%は定期的にテストを実施しているという。新ツールを追加すれば、その数字はさらに拡大するはずだ。

 ベータテストは、各機能の比較テストやバグの発見、初期フィードバックの収拾に最適な手段だ。リリース前のアプリは必ずしも魅力的ではないが、ベータテストを適切に行えば、より洗練された完成品になる。より大きな網を投げることで、うまくいけば、Androidのアプリ体験はさらに向上するはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集