logo

iTunesユーザーから見たApple Musicレビュー(1)--音楽の聴き方はどう変わったか? - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5つのタブの役割

 ユーザーはApple Musicの3000万曲とも言われる膨大なライブラリに会員は自由にアクセスできる。検索もできるが、それだけではアクセス方法として不十分だ。

 そのため、ミュージックアプリには、このライブラリの「聴き方」を提供する機能が用意されている。

 ミュージックアプリには5つのタブがある。それぞれの役割をまとめると、以下の通りだ。

  • 「For You」音楽試聴中のお気に入り(ハートマーク)やアーティストのフォローに応じて、好みに合わせてアルバムやプレイリストが提案される。
  • 「New」新譜や注目のトラック、プレイリスト群、Connectに投稿されたトラック、ビデオなど、新たな音楽との出会いを演出してくれる。
  • 「Radio」ヒットチャートやジャンルごとに用意されたラジオの視聴、あるいは楽曲やアーティストから自分で作ったステーションへのアクセスができる。
  • 「Connect」アーティストが写真やコメント、ビデオ、歌詞などを投稿しコミュニケーションが取れるソーシャル機能。
  • 「MyMusic」これまでのミュージックアプリの機能がまとめられている。
  • iPhoneのミュージックアプリは刷新され、Apple Musicが中心となった。「For You」、「New」、「Radio」、「Connect」、「My Music」の5つのタブが用意されている。Newタブでは最新の音楽シーンとの出会いを演出してくれる

  • NewタブにはAppleのエディターや、雑誌などのキュレーターが選んだ膨大なプレイリストにアクセスすることができる。アーティストやジャンル、年代、楽器など、新たな音楽の聴き方を提供してくれる

 筆者が朝デスクに座って、アプリを立ち上げて取りあえずアクセスするのは「New」タブ。新譜のアルバムなどが日々更新されており、Apple Musicで楽しめる新しい音楽を発見する際にぴったりだからだ。

 Newタブの気になるアルバムを再生し始めてから、「For You」タブを開き、過去の作品も含めて、好みに合いそうなアルバムなどを見つけて、次に聴く音楽として待機させておく。こうして午前中の仕事の時間は、まだ聴いたことがないアルバムを3~4枚ほど聴くようになった。

 午後は、Radioタブで、ストリーミングを聴くことが多い。Appleがロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンを拠点に24時間放送を行っているラジオ「Beats 1」や、ヒットチャートのラジオを再生することが多い。

 あるいはNewタブの「アクティビティ」というプレイリスト集を開き、仕事が捗る、リラックス、といったテーマに合わせたプレイリストを楽しんでいる。プレイリストは人の手によって選ばれており、だいたい1時間程度にまとめられているため、仕事の区切りにもちょうど良いのだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]