logo

グーグル、「Chrome」最新版でセキュリティ問題43件を修正

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正:2015年07月24日 09時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Chrome」ブラウザの最新アップデートにおいて43件のセキュリティ問題を修正した。

 Googleは米国時間7月22日、「Windows」「Mac」「Linux」向けの「Chrome 44」を安定チャンネルにプッシュし、一般リリースした。「Chrome 44.0.2403.89」アップデートでは、43件のバグが修正されている。そのバグの多くが社外の研究者らによって報告されたものである。

 最も深刻な問題としては、「Chrome for Android」と「Chrome Blink」レイアウトエンジンにおけるユニバーサルクロスサイトスクリプティング(UXSS)の脆弱性、ヒープバッファオーバーフローのエラー、実行可能ファイルをダウンロード後に直ちに実行することを可能にする脆弱性、Chromeブラウザのコンテンツセキュリティポリシー(CSP)が回避される問題などがある。

 また、Chromeセキュリティチームは、社内監査やファジングに基づくさまざまな問題も修正した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集