Twitter、背景画像を撤去--オフホワイトの背景に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高森郁哉 (ガリレオ)2015年07月22日 09時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間7月20日、ユーザーのページから背景画像や壁紙を撤去し始めた。具体的には、Twitterのタイムラインと通知のページで、ユーザーが設定していた背景画像があったとしても、何も表示されなくなる。今後、背景は画像の代わりにオフホワイト一色となり、ページは以前よりもずっと地味に感じられる。

背景画像が削除されたTwitterのページ
背景画像が削除されたTwitterのページ
提供:screenshot by Lance Whitney/CNET

 こうした無地の背景は、ユーザー自身のTwitterページでも、他のユーザーのページでも、閲覧の際に同様に現れる。上部のヘッダー画像のみ、これまで通りに表示される。

 この変更は、Twitterユーザーらにはあまり評判が良くないようだ。Twitterは長年にわたり、ユーザーが自分のページに風味を添え、他のページと差別化してアピールする手段として、背景画像を表示する機能を提供してきた。今回の変更でユーザーたちがとりわけ不満を募らせているのは、Twitterの設定から新しい背景画像を設定すると、その画像がいったん自分のページに表示されることだ。それなのに、Twitterのウェブサイトを閉じてから再び開くと、その背景画像が失われている。そうしたことから、多くのTwitterユーザーが、同サイトの新しい退屈な外見について不満を述べている

 Twitterの広報担当者は7月20日、Mashableに対してそうした変更を行ったことを認め、次のような声明を出した。「すべてのユーザーについて、ウェブ上のホーム画面と通知のタイムラインから、背景画像を撤去している。今後、背景の画像が利用できるのは、ログインしたユーザーなら誰でも見られる部分(ツィート、リスト、コレクションの各ページ)だけになる。デザインのカスタマイズ、およびそれがTwitterのどの部分で見られるかについては、こちらにあるヘルプセンターの記述を参照してもらいたい」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加