logo

「Apple Music」をまずは使ってみた(前編)--ストリーミングやおすすめ機能の第一印象 - (page 2)

Sarah Mitroff Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年07月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」ファンにも、うれしい知らせがある。Apple Musicは2015年後半にAndroid搭載のスマートフォンやタブレット向けに提供され、スタンドアロンアプリとして「Google Play」からダウンロードできるようになる。「Apple TV」にも2015年内に対応する予定だ。

Apple Musicは月額9.99だが、無料試用期間がある。
Apple Musicは月額9.99だが、無料試用期間がある。
提供:Screenshot by Sarah Mitroff/CNET

操作

 新アプリApple Musicの外観は、従来のMusicアプリから若干変わっている。アーティスト、曲、アルバム、ラジオのタブがなくなり、ユーザーの聴きたい音楽が種類別に並ぶようになった。ユーザーへのおすすめの曲、新曲、ライブラジオまたはインターネットラジオ、購入した楽曲のコレクションなどだ。各セクション間の移動には、アプリ下部のタブを使用する。

 何時間か新アプリを使ってみたが、筆者はまだどこに何があるのかわからず戸惑っている。特に「New」タブは、新着の曲、最近リリースされた人気のミュージックビデオ、ヒットチャート、テーマ別プレイリストなど、コンテンツがあまりに多い。しかも、ミュージックエディターのほか、「Rolling Stone」誌や「Shazam」といったブランドによって作成されたプレイリストのサブメニューまである。ページをスクロールしていると、どこか1カ所を集中して見るのが難しいし、あるセクションと次のセクションを判別しづらい。さらに紛らわしいことに、「New」タブ上部のジャンルを変更して、表示される楽曲セレクションを調整することになる。

 デザイン面での特に大きな問題は、サブメニューが多すぎてどこにいるかわからなくなってしまうこともあり、メインページまで戻るのに何階層も戻らなければならないことだ。また、あまり整理されておらず、プレイリスト、アルバム、ビデオといったグループが、どういう順序でまとめられているのかよくわからない。筆者は早くもSpotifyが恋しくなった。Spotifyの方がすっきりとしたデザインで、すべてがわかりやすく配置されているからだ。

聴きたい曲をストリーミング

 他の音楽ストリーミングサービスと同じく、Apple Musicでもインターネットを介したストリーミングによって、購入していない楽曲を再生することができる。月額料金を支払うことで、全世界4300万曲を誇るiTunesカタログにアクセス可能だ。ただし例外もいくつかあり、Apple Musicのストリーミングでは提供されない曲やアルバムもあるほか、地域によって配信されない楽曲もある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]