logo

パナソニック、チーム向けスポーツデータクラウドサービスを開始

加納恵 (編集部)2015年07月01日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニック コンシューマーマーケティングは7月1日、パナソニック ストア法人サイトで、スポーツチーム向けトレーニング支援ツールとして、スポーツデータクラウドサービスを提供すると発表した。7月中旬から開始する。料金は10選手利用で年額21万6000円~。ウェアラブル機器(センサモジュール5個パック、パッチ10枚、USBツール1個)が17万8600円~。

 スポーツデータクラウドサービスは、クラウド上に、選手が行うトレーニングや練習、練習試合時のバイタルデータを取得、蓄積することで、メニュー別に負荷やトレーニング効果の確認ができ、継続してデータを管理できるというもの。ウェアラブル機器はバイタルコネクト製のセンサモジュールとパッチを使用する。

 開始当初は心拍数、ステップ数、3軸加速度センサを活用したデータ、呼吸数、表皮体温のデータ蓄積とグラフによる可視化を行い、どの練習で選手に負荷がかかっているか、かかっていないのかなどを心拍数、ステップ数などと比較して確認できる。

 今後は、管理項目を増やし、取得したデータ解説や分析をクラウド上で実施するサービスを充実させるとともに、クラウドの特性をいかし、選手の管理、ジュニアエリートの育成データ記録などにも取り組んでいくとしている。


グラフ表示のイメージ

-PR-企画特集