logo

東芝、TransferJet搭載のSDカード--対応機器と近づけるだけでデータ送信

加納恵 (編集部)2015年06月30日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は6月30日、近接無線転送技術「TransferJet」を搭載したSDカードを発表した。対応機器同士を近づけるだけでデータを送信できる。記憶容量16GバイトのSDHCカード「SD-TJA016G」を7月31日に発売する。想定税込価格は7000円前後になる。

 TransferJetは、「TransferJetコンソーシアム」が規格策定、普及を促進している近接無線転送技術で、対応機器同士を近づけるだけで、大容量のデータを送信できるというもの。SDカードとしての採用は本製品が初めてになる。デジタルカメラに挿入したまま、スマートフォン、タブレット、PCなどのTransferJet対応機器に近づけるだけで、撮影した写真や動画を高速送信することが可能だ。

 「一括送信」と「選択送信」の2つを備え、一括送信では、SD-TJA016Gが挿入されたデジタルカメラをTransferJet対応機器に近づけるだけで、過去に送信したことのない写真や動画のみを自動で判別して送信することが可能。選択送信では、デジタルカメラ側で写真を選択して送信でき、選択した写真は複数の対応機器に何回でも送信できるため、友人や家族とシェアできるとしている。


「SD-TJA016G」

-PR-企画特集