logo

「Apple TV」新モデル、WWDCで登場しない可能性

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月04日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Apple TV」の新モデルは、結局、来週登場しないようだ。

 The New York Timesが情報筋の話として報じたところによると、Apple製セットトップボックスの次世代機は、登場の準備が整っておらず、来週開催される同社の開発者会議「Worldwide Developer Conference(WWDC)」で発表されることはないという。

 Appleは、新しいApple TVをおそらく新しいコンテンツパートナーシップとともに6月に発表すると広く期待されていた。Appleは3月、HBOと提携し、有料視聴契約を結ばなくても月額15ドルを支払うだけでHBOの番組を視聴できるようにしている。

 また、Apple TVは、今週に入って製品の第1弾が市場投入され始めた「HomeKit」製品に対するハブになることも期待されている。

 良い知らせとしては、新型のApple TVがなくても、既存モデルをHomeKitのハブとして活用できるという。

 現行モデルのApple TVは、登場から時間が経っている。同製品が最初に発売されたのは2012年で、2013年はじめにマイナーアップデートが実施されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集