logo

MS、「Wunderlist」開発企業6Wunderkinderを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ) 編集部2015年06月03日 09時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが6Wunderkinderを買収したことが確認された。買収金額は公表されていないが、6Wunderkinder関係者らは、同社のアプリが今後もクロスプラットフォームに対応する予定だと述べている。

 Microsoftによる6Wunderkinder買収のうわさが、今週になって再び浮上していた。Microsoftがベルリンを拠点とする生産性アプリの新興企業6Wunderkinderを1億~2億ドルで買収することで合意したと、The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

 6Wunderkinderは、タスク管理アプリ「Wunderlist」を手がける企業だ。Wunderlistはすでに「iPhone」「iPad」「Mac」「Android」「Windows」「Kindle Fire」、およびウェブ版が提供されている。そしてMicrosoft傘下となった「Sunrise Calendar」は現在、Wunderlistのタスクを日ごとのビューに統合できるようになっている。

 Microsoftは、生産性重視の新しいソフトウェアおよびサービスの提供に向けた取り組みを加速させている。この数週間だけでも、ウェブベースのクリップボード「OneClip」、カレンダー/連絡先管理を融合した「Revolve」、クロスプラットフォームのメールチャットアプリ「Flow」、「Highlander」と現時点では呼ばれている軽量版プロジェクト管理アプリ、「Flip」という名称になると思われるドキュメントコラボレーションアプリを、同社がリリースする計画だというリーク情報が流れていた。

 Microsoftはこの数カ月の間に、クロスプラットフォームのモバイルメールを開発するAcompliとカレンダーアプリを開発するSunriseも買収している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集