logo

Windows 8と8.1、トラフィックシェアの合計がXP上回る

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年06月02日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デスクトップOSのトラフィックシェアで、「Windows 8」と「Windows 8.1」の合計が遂に「Windows XP」を上回った。

 ウェブ調査会社のNet Applicationsが5月に実施したデスクトップOSのウェブトラフィック調査で、Windows 8.1は12.8%のシェアを記録して4月の11.1%を上回った

 一方、Windows XPの5月のトラフィックシェアは14.6%で4月の15.9%から縮小した。つまり、XPのシェアはWindows 8.1より大きく、今も2位の座を守っている。しかし、3.6%のシェアを持つWindows 8とWindows 8.1の合計シェアは16.4%で、初めてXPを上回った。

 その一方で、「Windows 7」は5月、57.7%のシェアを獲得し、首位の座を維持した。ただし、シェアは4月の58.3%からわずかに縮小している。4位は、4.2%のシェアを獲得したAppleの「Mac OS X 10.10」だ。

Windows 8と8.1のシェアはWindows XPを上回った。
Windows 8と8.1のシェアはWindows XPを上回った。
提供:Net Applications

 Windows 8はPCユーザーの支持を得るのに苦労している。2012年に発売されたWindows 8はタッチスクリーンを想定して設計されており、PCユーザーの多くは同OSを敬遠してきた。その1年後に発表されたWindows 8.1の狙いは、タッチスクリーン要素の一部を控え目にして、マウスとキーボードを使うユーザーに、よりフレンドリーで、より使いやすい環境を提供することだった。さらに、Microsoftは2014年4月、人々に新しいOSへのアップグレードを納得してもらうため、XPの技術サポートを終了した。しかし、Windows 8と8.1がユーザーに歓迎されていないこと、そして、一部のユーザーにXPを使い続けたい気持ち、またはその必要性があることが理由で、新しいOSへの移行には予想よりはるかに長い時間がかかっている。

 MicrosoftはWindows 8を敬遠するユーザーに対する解決策として、「Windows 10」に期待している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集