logo

グーグル、「Android M」をプレビュー--指紋スキャナや「USB Type-C」をサポート

Jessica Dolcourt Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年05月29日 07時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月28日、サンフランシスコで開催された年次カンファレンス「Google I/O」において、同社モバイルOSの次期バージョンである「Android M」の開発者プレビューを正式に発表した。

 Android Mは、最終的に「Android 5.0 Lollipop」となった「Android L」が2014年にプレビューされた時と同様に、甘いデザートにちなんだ名称やバージョン番号はまだ公表されていない。そのような詳細情報が公表されるのは、Android Mが各種端末上で正式にリリースされる年内のいずれかの時点となりそうだ。現在は、開発者のみを対象としている。

 Android Mは、Googleが2015年に入ってMobile World Congressで話をしていた「Android Pay」を正式に導入する。Android Payは、アプリ内(アプリ内課金と考えてよい)と小売店舗の両方において、サードパーティーアプリによるNFCを用いた決済処理を可能にするプラットフォームだ。スタンドアロンのモバイル決済アプリである「Google Wallet」は存続するが、Android Payを利用するようになる。

 もし、端末に指紋スキャナが備わっていれば、指紋を使って支払いを許可することもできる。

 Googleの携帯端末は、充電ケーブル用の新しい規格である「USB Type-C」をサポートする予定である。

 Android Mには、省エネ機能である「Doze」も搭載される。Googleによると、現在のスタンバイモードよりも消費電力が低くなるという。基本的に、長時間端末を離れると、端末がハイバネートしてバッテリ消費を抑える。重要なアラームや受信メッセージは通知しつつ、消費電力をこれまでの半分にまで低減するという。

 Android Mは、Googleの「Nexus」端末を対象に開発者向けに提供されている。

Googleは同社開発者会議Google I/Oで新しいAndroid Mをプレビューした。
Googleは同社開発者会議Google I/Oで新しいAndroid Mをプレビューした。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集