logo

“ブランドの記憶率”を広告KPIに--ジーンズメーカー「Levi's」のInstagram活用

小林洋祐、山崎稚葉(メンバーズ)2015年05月04日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業のInstagram活用方法をご紹介する本連載。海外事例5つ目は、世界的なジーンズメーカー「Levi's」が実施したInstagram広告事例についてです。


(出典:Instagram Levi'sアカウント)

ブランドストーリー

 Levi'sは1849年から始まったゴールドラッシュ時代、サンフランシスコをスタート地点として1853年に創業。現在では誰もが持っているといっても過言ではないブルージーンズを世界で初めて販売、パイオニア精神をベースにデニムファッション業界を牽引してきた、世界で最も有名なジーンズブランドの1つです。

ゴール

 Levi'sはInstagramを活用することで、年末のホリデーシーズンにおけるブランド認知拡大、購入検討時のブランド想起へとつなげることを目的としました。

ソリューション

 世界初のInstagram広告実施企業として広告を出稿。

(1)アウトドアシーンと共にブランドをアピール

2013年11月中の9日間で「美しいアウトドアシーンの中のデニム」をテーマに4本のInstagram広告を出稿。


実際に配信された広告画像。男女二人がベンチで寄り添う画像

グランドキャニオンの前の女性

海岸沿いの崖に座る3人

サンフランシスコの夕暮れを電車から見ている2人

(2)詳細なターゲティングと表示頻度のコントロール

 Levi'sは広告出稿対象地域の米国在住ユーザーのうち18-34歳を広告配信ターゲットとして設定。

 広告の表示頻度では、各ユーザーに上記4画像を平均2本ずつ表示、それぞれの画像をユーザーが2回以上閲覧し、ストレスを感じることがないよう表示回数の上限を設定しました。この手法は、前回ご紹介したBen & Jerry'sの広告出稿とほぼ同様のものです。

キャンペーン成果


キャンペーン成果

 Instagram for Business記載のデータによると、この画像広告でLevi'sは設定したターゲットのうち約740万人のユーザーにリーチ。広告画像を一度以上閲覧したユーザーのうち、その画像がLevi'sのものであると覚えていたユーザーは対象ユーザーの24%だったとのことです。

 また、今回の広告によりLevi'sのInstagramフォロワーは平均日別増加数から20%増大、商品認知やブランディングのみでなく、普段オーガニック投稿を閲覧するユーザーの母数増加にも大きな影響があるとわかりました。

-PR-企画特集