logo

クックパッド、ニフティ「シュフモ」と連動した販促支援サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クックパッドは4月22日、「特売情報」サービスにおいて、ニフティと共同開発した販促支援サービスの提供を開始したと発表した。

 特売情報サービスとは、指定した郵便番号をもとに近くのスーパーマーケットや食料品店の特売情報を「クックパッド」上で閲覧できるもの。登録ユーザー数は330万件を超える。PCやスマートフォンなどで利用できる。

 特売情報の販促支援サービスでは、ニフティの「シュフモ」と連動したオンライン販促支援に加え、リアル店舗の店頭販促支援も開始。これにより、特売情報サービス画面へのバナー掲載時に、特売情報に参加している小売り各社向けに、キャンペーン情報や店頭販促物のデータを提供できるようになったという。


 「シュフモ」はニフティが提供する主婦層向けのサービス。全国約1万500店舗の「チラシ情報」や約7000の「レシピ情報」を配信している。会員数は3月末現在で約190万人。

-PR-企画特集