logo

オンキヨー、HDCP 2.2対応の5.1ch AVレシーバ--Bluetoothも搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは4月22日、4K映像に対応し、Bluetoothも搭載したエントリークラスの5.1ch AVレシーバ「TX-SR343」を発表した。発売は4月下旬。税別価格は4万8000円となる。

 TX-SR343は、4K/60pのハイスペック4K(Ultra HD)に対応したHDMI端子を備え、4Kテレビとの接続が可能。4Kの著作権保護技術HDCP 2.2にも対応している。

 アンプ部には、オンキヨーのワイドレンジアンプ技術であるWRAT(Wide Range Amplifier Technology)を採用し、低インピーダンス化、低ノイズ化を実現。ヴォーカルが曇らない、豊かな低域とクリアな中高域の両立を実現した、低音増強技術「フェーズ マッチング バス」も搭載した。

 Bluetoothを搭載し、スマートフォンなど対応する機器内の音楽をワイヤレスで再生することが可能。「ミュージックオプティマイザー」機能により、圧縮音源を高音質で再生できる。夜間の映画視聴時など、ボリュームを上げずに微細な音を明瞭にする「レイトナイト機能」も搭載している。

 サイズは高さ160mm×幅435mm×奥行き328mmで、重量は7.8kg。HDMI端子は、入力4系統と出力1系統を装備。映像入力端子は、リア2系統、フロント1系統に加え、コンポーネント2系統を備える。音声入力端子はデジタルが光2系統と同軸1系統、アナログはリア6系統とフロント1系統、音声出力端子はサブウーファ1系統を備える。背面パネルには、ソース機器接続がしやすいイラストアイコンを配した。


「TX-SR343」

背面パネル
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集