logo

ノキア、携帯電話市場への再参入を計画か--早ければ2016年

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年04月21日 08時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokia Technologiesがあるプロジェクトに秘密裏に取り組んでおり、早ければ2016年にも携帯電話市場に再参入する見込みだという。Re/codeが、同社の計画を知るとする複数の情報筋らの話として報じている。この記事によると、Nokiaは端末を発表し、そのデザインと名称を別の企業にライセンス供与して、その企業が製造と販売を行うという。

 MicrosoftがNokiaの携帯端末事業を72億ドルで正式に買収したのはほぼ1年前のことである。 この買収に基づき、MicrosoftはNokiaの名称を一定期間使用し、Nokiaのスマートフォンの製造を2015年の間継続する権利を取得した。Nokia Technologiesは、この買収の対象外となった3部門のうちの1つである。

 Microsoftは2014年11月、スマートフォンで「Nokia」というブランド名を廃止し、「Microsoft Lumia」という製品シリーズを発表した(Lumiaという名称は、Nokiaから受け継いだものである)。Nokiaは同時期に、同社独自のブランドを冠したタブレット「N1」を発表した。

 Nokiaは、Nokiaブランドのスマートフォンを2015年内には発売できないため、新端末に取り組むための時間が十分にある状態で、早ければ2016年にも新製品を発表する可能性がある。

 Microsoftへの事業売却以降、Nokiaは同社の地図およびネットワーク事業の構築に専念してきた。スマートフォン開発に取り組んでいると報じられているNokia Technologiesは、同社が保有する特許を他の企業にライセンス供与する事業のほか、新製品開発にも従事している。

 Re/codeの情報筋らによると、Nokia Technologiesは、仮想現実分野向けに設計された製品など、他の種類の製品にも取り組んでいるという。

 Nokiaは、Re/codeの報道に関してコメントを控えている。

提供:Nokia
提供:Nokia

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集