logo

紛失した「Android」端末、PCのグーグル検索で発見可能に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年04月17日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話をなくした経験は誰にでもあるはずだ。自宅や自動車の中でなくすこともあれば、どこでなくしたのか全く分からないこともある。そういうとき、携帯電話を見つけるためにあちこち探し回らなくても、Googleの助けを借りられるようになった。

Googleが発表した公開したAndroidデバイスを発見する新機能
Googleが公開した紛失したAndroidデバイスを発見する新機能
提供:Google

 米国時間4月15日に発表された新機能を利用すれば、適切な条件を満たしている限り、PCでGoogleの検索エンジンを使って、「Android」搭載スマートフォンやタブレットを探すことができる。

 仕組みを説明しよう。

  • 最初に、スマートフォンで使っているのと同じGoogleアカウントにPCのブラウザからログインする必要がある。さらに、スマートフォンには、Googleアプリの最新バージョンがインストールされていなければならない。
  • 次に、PCでGoogleの検索エンジンに「find my phone」と入力する。すると、Googleは地図を表示し、ユーザーのデバイスの現在地を特定しようと試みる。少なくとも数秒待てば、一定距離の範囲内に絞り込まれたデバイスの現在地が地図上に表示されるはずだ。例えば、筆者のデバイスの現在地は46フィート(約14.02m)の範囲内で地図に表示された。

 確かにこれは便利だが、自宅でスマートフォンをなくしてしまった場合は、どうすればいいのだろうか。残念ながら、Googleはスマートフォンがどの部屋にあるのかは教えてくれない。しかし、Googleはデバイスを鳴らしてくれるので、ユーザーはそれを頼りにデバイスを探すことができる。

  • デバイスの位置をピンポイントで特定したいときは、地図上でアイコンまたは「Ring」リンクをクリックすると、デバイスを最大音量で最長5分間鳴らすことができる。デバイスが見つかったら、電源ボタンを押して、呼び出し音を消す。

 しかし、スマートフォンではなくAndroidタブレットを所有している人は、どうすればいいのだろうか。タブレット所有者もこの機能を利用することが可能だ。筆者はこの機能を使って、「Nexus 7」タブレットを見つけた。問題は全くなかった。Googleが同タブレットの現在地を絞り込んだ後、Ringアイコンをクリックすると、タブレットの呼び出し音が鳴り響いたので、簡単に見つけることができた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集