logo

マイクロソフト、「Kinect for Windows v2」センサの生産を終了

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2015年04月03日 10時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが2014年に「Kinect for Xbox One」センサを「Windows」で利用可能にするアダプタキット「Kinect Adapter for Windows」を発表した際、一部には、同社が「Kinect for Windows」センサの開発を終了しようとしているのではないかと見る向きもあった。

 米国時間4月2日、その見方が正しかったことが明らかになった。


 Microsoftはブログ投稿で、「Kinect for Windows v2」センサの生産を2日付で終了すると発表した。2014年に発表されたKinect Adapter for Windowsを利用すれば、Kinect for Xbox Oneセンサを「Windows 8」および「Windows 8.1」搭載のPCやタブレットに接続できる(ただし「Kinect for Xbox 360」センサは接続できない)。

 MicrosoftでKinect for Windows担当シニアテクノロジエバンジェリストを務めるMichael Fry氏は2日のブログ投稿で、「Kinect for Xbox OneおよびKinect for Windows v2センサはどちらも機能的には同じなので、当社の『Kinect for Windows SDK 2.0』はどちらともまったく同じように動作する」と書いている。

 今回の措置にもかかわらず、Microsoftは現在もXboxとWindowsの両方を対象にした開発プラットフォームとしてKinectに力を入れていることを、Fry氏は強調した

 これまで、ヘルスケアなどさまざまな垂直市場で多数のKinect for Windows用アプリが開発されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集