logo

Etsy、IPOのロードショーを米国時間4月1日に開始へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2015年04月01日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンドメイド品やビンテージ商品などのマーケットプレイスを運営するEtsyは、新規株式公開(IPO)のロードショー(投資家向け企業説明)を米国時間4月1日に開始する。

 ニューヨーク市ブルックリンを拠点とする新興企業のEtsyは3月初め、米証券取引委員会(SEC)にフォームS-1の登録届出書を提出していた。

 その時点でEtsyは、調達目標額を最大1億ドルとしていた。Goldman Sachs Group、Morgan Stanley、Allen & Companyが引受会社に指名されている。

 上場後、Etsyの株式はNASDAQ証券取引所で取引される(ティッカーシンボルは「ETSY」)。

 ロードショーに先立つ3月31日の発表によると、EtsyはIPO価格を1株あたり14~16ドルに設定し、1660万株以上を発行する計画だという。

 Etsyはまた、IPO株式の最大5%を、個人投資家向けの「IPO Participation Program」の下で販売する計画だとした。

 Etsy(旧称Indieco)は、2005年の設立以来、同社の事業戦略がコミュニティーと顧客サービスに根ざしていることを強調した。

 Etsyは2014年秋、モバイルとEコマースのトレンドへの対応(および、当然ながら競合各社への対策)を強化し、オフラインでのクレジットカード決済用に「Square」のようなドングルタイプの製品をリリースした。


提供:Etsy

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集