12インチ新型MacBook、関心層の購入意向は約7割に--MMD研究所調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は、米Appleが現地時間3月9日に発表した12インチの新型MacBookについての意識調査の結果を公開した。調査期間は3月11日から3月13日。回答したのは20歳以上の男女2204人。

 調査結果によると、新型MacBookに興味があるかという質問に対して「興味がある」と回答したのは14.0%。「やや興味がある」(17.0%)という回答と合計して31.0%が興味があることがわかった。そのうち、「購入したいと思う」という強い購入意向を持っている回答者は22.5%にのぼり、「やや購入したいと思う」(46.7%)と合計して、69.2%が購入に関心を示していることがわかった。


 新型MacBookは従来のシルバーに加えてスペースグレーとゴールドが加わり3色展開となるが、本体カラーの人気はこの“新色”に集まっている。調査結果によると、どの色の新型MacBookに興味があるかという質問に対しては、「スペースグレー」が34.8%、「ゴールド」が34.4%で拮抗し、次いで「シルバー」が27.2%という結果になった。


 なお、現在所有している端末別の購入意向では、デスクトップPCはMacユーザーの購入意向が79.0%、Windowsユーザーの購入意向が72.0%。ノートPCはMacユーザーの購入意向が73.8%、Windowsユーザーの購入意向が71.2%、タブレットではiPadユーザーの購入意向が76.0%、Androidユーザーの購入意向が66.1%、Windowsユーザーの購入意向が77.4%という結果になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加