「Google Play」、年齢に基づくレーティングを導入へ--専門家チームによる審査も

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月18日 07時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Play」におけるすべてのアプリに対してまもなく、年齢に基づくコンテンツレーティングが導入され、同ストアで公開される前にGoogleのレビューアーによる厳しい審査が実施されることになる。

 Googleは米国時間3月17日、「Android」アプリとゲームに対する年齢に基づくレーティングを導入したとブログ投稿で発表した。ただしGoogleは、同社独自のフォーマットを開発するのではなく、世界中で既に使用されているレーティングシステムを採用する。例えば米国では、ゲーム業界で採用されているEntertainment Software Rating Board(ESRB)のフォーマットに基づいて、すべてのアプリとゲームが評価される予定だ。

 またGoogleは、さらに大きな動きとして、「専門家チーム」がこの数カ月間に、Googleのストアでの公開を許可する前のアプリ評価をひっそりと開始していたことを明らかにした。同社によると、開発者ポリシーに違反しないアプリは、「ものの数時間で」Google Playに追加されるという。開発者ポリシーにより、性的に露骨なコンテンツ、「理由なき暴力」、差別発言、賭博、「危険な製品」、スパム、知的所有権の侵害が排除される。

 Googleとしては、これまでのモデルと比べた場合、開発者が遅れを目にすることはほとんどないだろうと述べている。同社は、アプリが延期または禁止される理由を開発者らが理解できるように、公開ステータスページも更新した。

 アプリ規制を支援するために、Googleは同社の開発者ページに、新しいレーティングアンケートを設置した。現在および将来の開発者らは、自分のアプリのそれぞれに対してアンケートを記入する必要がある。アンケートを記入した後、コンテンツレーティングが生成される。米国では、レーティングはESRBが定める一連の基準に基づくものとなる。Googleは、他の国々で適切なレーティングを行うために、International Age Rating Coalition(IARC)、Pan-European Game Information(PEGI)、Australian Classification Board(ACB)などのレーティングシステムとも提携している。正式な基準は公表されていないが、Googleは一般的な年齢に基づくレーティングを提供する予定だ。

 Googleは開発者らに対し、今後6週間を自分のアプリを評価するための期間として与える。開発者らが事務手続きを完了するまでは、そのアプリは「レーティングなし」と表示される。5月からは、Google Playで公開されるすべてのアプリに対し、レーティングの表示が求められることになる。

Googleは、Google Playに年齢に基づくレーティングを導入する。
Googleは、Google Playに年齢に基づくレーティングを導入する。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加