logo

匂いや風を感じるVRマスク「FEELREAL」、開発者向け事前予約を受付中

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月16日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「FEELREAL」は、仮想現実(VR)バイザーの下に着用するVRマスクだ。このマスクには、匂いを発生させる装置のほか、風や霧を吹き出す開口部やマイクが装備されている。これで、大体どのような感じのものかお分かりいただけると思うが、「Oculus Rift」を着用して、デジタル世界の砂浜に降り立つようなものだ。カモメの鳴き声や波のしぶきがリアルに体感できるというわけだ。深く息を吸い込むと、塩や海藻の匂いも感じることができる。

 このマスクは、Bluetooth経由で操作する。それ自体が振動するので、ゲームのキャラクターが顎を殴られるといった場合に、面白い効果を生むかもしれない。マイクロクーラーとマイクロヒーターがあるので、ゲーミング環境によって顔に吹き付ける空気を温風にすることも、冷風にすることもできる。FEELREALによると、このマスクは内蔵されている充電式バッテリで約4時間動作するという。

 現在あるものは動作する試作機だが、アーリーアダプターは、このマスクを249.99ドルで予約注文することができる。予約注文のパッケージには、ジャングル、海、火、風の4種の香りがセットになっている。FEELREALによると、事前予約は開発者を対象とするもので、マスク自体はまだ消費者向けの製品ではないとしている。出荷は2015年夏ごろの見込みだ。

提供:FeelReal
提供:FeelReal

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集