アップル、データセンターを欧州2カ所に建設へ

Luke Westaway (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年02月24日 09時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは2つの広大なデータセンターを新たに建設することを発表した。これらのデータセンターは欧州で、非常に高い人気を誇る同社の各種オンラインサービスへのアクセスに利用されるという。

 2つの新しいデータセンターは、アイルランドのゴールウェイ州とデンマークのユトランドに建設される予定。Appleによると、興味深い環境的特長を備えるこれらの新施設に、17億ユーロ(約19億3000万ドル)を投入する予定だという。

 両施設は、100%再生可能エネルギーを利用し、Appleのどのデータセンターよりも環境に対する影響が低くなる見込みだとAppleは主張している。例えば、デンマークに建設される施設は、稼働装置からの余剰熱を近隣地域の加熱システムに供給するという。

 Appleの環境イニシアチブ担当バイスプレジデントを務めるLisa Jackson氏は、「アイルランドとデンマークでグリーン産業の成長を促進し、その恵まれた風力資源を活用するエネルギーシステムを開発することを楽しみにしている」と述べた。

 Appleによると、それぞれ16万6000平方メートルの広さとなる2つのデータセンターは、2017年に稼働を開始する予定だという。両施設は、「Maps」「iMessage」「Siri」「iTunes」「App Store」といったAppleのオンラインサービスに利用されるという。

 Appleは以前、欧州で高い租税を回避するための手段として、アイルランドの税法を利用しているとして批判されたことがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加