logo

デジタルガレージと講談社が合弁会社--マンガを世界展開へ

藤井涼 (編集部)2015年02月19日 19時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージ(DG)と講談社は2月19日、日本発のコンテンツの海外展開を目的に、資本業務提携をしたことを発表した。具体的には、(1)DGが講談社の米国関係会社の増資を引き受ける、(2)日本において両社で合弁会社を設立する、(3)講談社がDGの株式を0.5%以上取得するとしている。

  日本発コンテンツのグローバル展開に向け、DGは講談社の米国関係会社であるKodansha Advanced Media(KAM)に19%出資する予定。DGと講談社はKAMを通じて、北米のデジタルコミック市場の開拓を目的に、専用のウェブサイト、スマホアプリ、ソーシャルメディア、コミュニティサイトなどで現地に情報を発信。デジタルコンテンツを使い紙媒体の購入を促すO2O(online to offline)施策も展開する。


 また、DGと講談社でコンテンツビジネスへの戦略投資を目的とした合弁会社(仮称「DK Gate」)を5月にも日本に設立する予定。資本金は1000万円で、出資比率はDGが66%、講談社が34%となる。合弁会社では両社の持つ知見やノウハウを組み合わせることで、次世代のコンテンツ事業を担うグローバル企業の育成を目指すとしている。

 具体的には、電子書籍(活字、コミック、雑誌)の新しい配信ソリューションやサービス、DRM(デジタル著作権管理)関連技術、オリジナル書籍サービス、雑誌連動のコンテンツ配信サービスなどの分野で、有望なスタートアップ企業へ出資するほか、DGや講談社との事業連携などを通じた出資後の育成を行う予定。

-PR-企画特集