「Outlook for iOS」レビュー--機能が充実した優秀なメールクライアント

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年02月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Outlook for iOS」では、電子メールを非常に簡単に管理でき、内蔵のカレンダーを使って素早くスケジュールにアクセスすることができる。電子メールの削除や後で処理するためのスケジュール設定はスワイプ操作に対応しているため、受信箱の処理も簡単で迅速だ。

 Microsoftはこの1年間で「iOS」向け製品の強化を続けており、主力製品である「Office」アプリは、機能が大幅に増えたバージョンを投入した。「Word」「Excel」「PowerPoint」は、「iPhone」と「iPad」向けに別のバージョンを用意し、スマートフォンの画面とタブレットサイズの画面に合わせてそれぞれインターフェースを最適化している。

 Microsoftは今回のリリースでも引き続き、同社ソフトウェアのiOS対応を素晴らしいできばえで実現しており、メインの電子メールアプリにふさわしいメールクライアントが登場することになった。

アカウントの設定

 初めてOutlookを起動すると、主な機能が簡単に紹介されてから、アカウント設定に進む。設定できるアカウントには、「Microsoft Exchange」(ビジネスユーザーにはうれしいオプションだ)をはじめ、「Outlook.com」「iCloud」、Google、Yahooのメールアカウントがある。

 アカウントの設定を終えると、スワイプしながら、スクリーンショット付きの短いチュートリアルで主な機能の使い方を見ることができる。それが終われば、別のメールアカウントを追加してもいいし、受信箱に直行してもいい。

重要な電子メールを優先

 Outlookでは、自分に直接関係のある電子メールを優先する機能によって、新しい形式でメールを表示できるようになった。「Focus」ボタンをタップすると、スパムではなく友人から届いた電子メールや、すでに参加している会話だけを見ることができる。「Other」ボタンをタップすると、受信箱に届いたその他のメールが表示される。たくさんの着信メールをより分けることなく、優先リストで重要なメッセージを手早く閲覧できるため、便利な設定だ。

 「Gmail」にも同様の機能があり、電子メールをスライドアウトメニューで「Primary」「Social」「Promotions」「Updates」に分類することができる。何に目を通せばいいのかが一目でわかるという点では、こちらの方がやや優れているが、Outlookの「Focus」機能も、重要なメールを分けておくという点では優秀だ。

 筆者は、多くのユーザーに求められるメールクライアントの機能の1つが、すべての電子メールを一度に閲覧できる機能であることに気付いた。Outlookはこの要望に応えており、統合された受信箱に切り替えれば、すべてのアカウントが1つの受信箱で表示される。ここでも「Focus」機能を使用できるため、ジャンクメールをすべて除外し、各アカウントの重要なメールだけを読むことができる。

内蔵のカレンダー

 Outlookで、他のどのアプリよりも際立っている機能は、内蔵のカレンダーだ。アプリを切り替えなくてもスケジュールを簡単に確認することができる。iOS標準のメールクライアントにもGmailアプリにも、他のアプリに移動せずにカレンダーを表示できる機能はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加