アップル、「iWork」プレリリース版を「Windows」でも利用可能に

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年02月16日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが同社ソフトウェア「iWork」のウェブベースのプレリリース版を、「Windows」ユーザー向けに提供開始した。Microsoftの独自ソフトウェアスイート「Office」に対抗するつもりのようだ。

 Officeのウェブベースアプリは、「Office 365」サブスクリプションに加入しなければ利用できず、加入するとある程度の月額使用料が発生する(ただし、「Office Online」は無償提供されている)。Appleのウェブベースサービスは現時点で無償提供されているが、今後も無償であるという保証はない。

 Appleは2013年半ばに「iCloud」を提供開始し、「iPhone」「iPad」「Mac」のユーザーが自分のデータを同社独自のクラウドサービスによって共有できるようにした。その後、同サービスの対象はドキュメントや音楽などのコンテンツにまで拡大されている。

 iWorkは現在、iCloudに対応しているため、「Apple ID」のユーザー名とパスワードを所有するユーザーならば誰でもiCloudにログインして、「Pages」「Numbers」「Keynote」のウェブベース版を使用することができる。これらのアプリはMicrosoftのドキュメント形式とも互換性がある。

 iWorkはiPhoneやiPadでも使用できるため、ユーザーは携帯端末で変更を加えて、その変更を自動的にクラウドに追加することができる。


提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加