名刺データDL、優先データ化など--名刺管理アプリ「Eight」に有料機能

井指啓吾 (編集部)2015年02月16日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは2月16日、名刺管理アプリ「Eight(エイト)」で、名刺情報のダウンロードなどが可能になる有料機能「Eight プレミアム」の提供を開始した。登録した名刺データを何度でも、件数無制限で、PC版EightからCSV形式でダウンロードできる。料金は月額400円または年額4000円。アプリ内で購入できる。

  • 「Eight プレミアム」

 Eightでは、オペレータによるデータ入力の混み具合により、会社名、氏名、電話番号、メールアドレスの基本4項目のみを入力する場合があるが、新機能の利用者が登録した名刺はすべて、名刺記載の全項目を入力する。Eightにおける全項目とは、会社名、氏名、電話番号、メールアドレス、部署・役職、郵便番号、住所、FAX番号、携帯電話番号、ウェブサイトURLを指す。

  • 名刺データのダウンロード画面

 また、通常ユーザーに優先して名刺データを入力する。同社では「約3分の1のスピード」と説明している。

 リリース記念キャンペーンも実施。2月28日までにEight プレミアムに申し込んだユーザーを対象に、過去登録分を含む登録名刺データの全項目を無料で入力するという。

 Eightは2012年2月末に公開され、これまで全機能を無料で提供してきた。今回のEight プレミアムで提供する機能は、ユーザーからの要望の声が特に高かったものという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加