logo

ビッグローブ、導入手軽な中小企業向け「BIGLOBE Wi-Fiオフィス」--月額2980円から

井指啓吾 (編集部)2015年01月19日 14時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビッグローブは1月19日、オフィスや店舗などのWi-Fi利用環境を手軽に構築できる中小規模企業向けサービス「BIGLOBE Wi-Fiオフィス」を発表した。1月26日から申込みを受け付ける。料金は税別月額2980円から。

 NTT東日本がOEM提供する「ギガらくWi-Fi」を活用したもので、最大速度1.3Gbps (IEEE802.11ac対応)の高速無線通信が可能。SSIDやパスワードなどWi-Fi利用に必要な情報を、BIGLOBEがあらかじめWi-Fiのアクセスポイント装置(AP装置)に設定するため、導入企業は届いたAP装置をLANケーブルに接続するだけでWi-Fi環境を構築できるという。

 月額2980円のベーシックプランでは、モバイル端末を最大50台(推奨)接続可能なAP装置1台をレンタルで提供。また月額4480円のハイエンドプランでは、AP装置同士を無線で接続して配線不要でWi-Fiエリアを拡張できる“無線マルチホップ”や、トラフィック量やよく利用されているアプリケーションを確認できる管理画面などを提供する。

  • BIGLOBEオフィスサービス

 なお同サービスの利用には、インターネット接続や独自ドメインなどを合わせて利用できる「BIGLOBEオフィスサービス」の契約が必要。初期費用は2000円で、月額費用は500円(いずれも税別)。

 AP装置1台あたり、ベーシックプランでは8個、ハイエンドプランでは15個のSSIDを設定できる。SSIDを分けることで、業務システムへのアクセスや利用できるアプリケーションを組織ごとに制限できるほか、来訪者向けのWi-Fiで社内システムへのアクセスを防ぐこともできる。

-PR-企画特集