3DS向けマリオ版「パズドラ」が4月29日発売--ガンホー森下社長「かつてないほど緊張」

佐藤和也 (編集部)2015年01月08日 17時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(ガンホー)は1月8日、ニンテンドー3DS用新作ソフト「PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION」(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)を、4月29日に発売することを発表した。パッケージ版とダウンロード版が用意され、価格は税別で各4000円。ゲーム中にアイテム課金などの要素は設けないとしている。

  • パッケージデザイン

 本作は「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)とマリオがタッグを組んだ新しいパズルRPG。キノコ王国を舞台に、クッパたちにさらわれてしまったピーチ姫を救うため、マリオがパズルバトルの冒険に出発するという内容。同じ色を3つ以上そろえてドロップを消すというパズドラのルールをベースに、「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクターたちが多数登場。冒険を進めたくさんのマリオキャラクターたちを仲間にし、育成することもできるという。すれちがい通信やローカル通信といったニンテンドー3DSシリーズならではの要素も搭載しているという。

  • スクリーンショット(画面は開発中のもの)

  • (C)GungHo Online Entertainment, Inc. (C)Nintendoクレジット

 なお、「次世代ワールドホビーフェア '15 Winter」や、「闘会議2015」にてプレイアブル出展されることが発表。また本作については世界に向けても発売が決定。海外向けは任天堂から発売される。詳細は未定。

  • 早期購入特典も用意されている

  • 日本ではガンホーの発売となるが、海外に向けては任天堂から発売する

  • 各種イベントでも出展を行い、本作をアピールする

任天堂宮本氏「キャラクターも音も任天堂感が満載のパズドラ」

  • ガンホー代表取締役社長CEOの森下一喜氏(左)と、任天堂専務取締役情報開発本部長の宮本茂氏(右)

 発表会ではガンホー代表取締役社長CEOの森下一喜氏が登壇。2014年を振り返りスマホ向けに新規タイトルをリリースしたほか、パズドラについてもパズドラW、アーケード版やキッズ向けカードゲームへの展開を図るなど、新たなユーザー層へのアプローチを行ってきたと説明。「スマホ向けのモバイルゲームメーカーではなく、さまざまなプラットフォームにゲームを展開するゲームメーカーであり続けたい」と語った。この2015年についてもスマートフォンや家庭用ゲーム機向けのタイトルを仕込んでいるという。

 マリオの生みの親としても知られる、任天堂専務取締役情報開発本部長の宮本茂氏も登壇。宮本氏はパズドラについて、“落ちものパズルゲーム”と呼ばれるものをイメージしていたが、実際に触ったときに、なぜ2画面の3DSで作られてないのかと社内で話をしていたという。単にマリオがゲストキャラとして登場するだけでなく、どうせやるなら、よりマリオらしくしようということで、本作はキャラクターも音も任天堂感が満載のパズドラになっていると語った。

  • ガンホーの山本大介氏

 開発チームを代表して登壇した、パズドラシリーズのプロデューサーを務めるガンホーの山本大介氏は、もともと2013年12月に3DS「パズドラZ」を発売したあと、3DS向けにもう一本制作しようとしたことがきっかけだったと語る。なかなか思いつかないなかでも、3DS向けに発売することや山本氏がスーパーマリオブラザーズが好きだったことから、マリオ版パズドラのプロトタイプを制作。プレイすると思いの外面白いと感じたことから、任天堂にプレゼンし実現したという。本作についても、単にパズドラZのキャラクターを代えただけのものではなく独自の仕組みを入れ、マリオの世界とキャラクターありきで作り直しをしているとも語った。「一度は聴いたことのある音楽とSEもポイント。それが流れるだけで1.5割増しに楽しくなる」という。

 本作を発表する際に「いまだかつて無いほど緊張する」と語っていた森下氏。「マリオの冠に恥じないゲームとして、期待を裏切らないように完成させる」と意気込みを語った。

  • お笑い芸人「パンサー」の3名と、タレントの高橋愛さんも登壇し、発表会に華を添えた

  • マリオやルイージ、たまドラも登場

  • 発表会ではデモプレイの披露も行われた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加