logo

注目の海外発メッセージングアプリ10選--セキュリティ、効率重視の企業向けも

Erin Carson (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2015年01月14日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Confide

 「Confide」は、仕事で使用するユーザーをターゲットにしたモバイルメッセージプラットフォームであり、実際に大企業でも採用事例がある。メッセージはエンドツーエンドで暗号化されるようになっており、スクリーンショットまわりの脆弱性についても考慮されている。スクリーンショットを取得しようとすると、そのメッセージは削除されるのだ。

 ユーザー登録には、電子メールアドレスや電話番号を用いることができる。メッセージは、各単語を覆い隠すようなブロックとして表示される。そしてブロックの下を指でなぞると単語が現れるようになっている。メッセージを読むと、送信者には受信者が読んだという通知が送られ、そのメッセージは自動的に消滅する。Confideは無償であり、iOS版とAndroid版が用意されている。
Scroll Right Scroll Left

Confide

 「Confide」は、仕事で使用するユーザーをターゲットにしたモバイルメッセージプラットフォームであり、実際に大企業でも採用事例がある。メッセージはエンドツーエンドで暗号化されるようになっており、スクリーンショットまわりの脆弱性についても考慮されている。スクリーンショットを取得しようとすると、そのメッセージは削除されるのだ。

 ユーザー登録には、電子メールアドレスや電話番号を用いることができる。メッセージは、各単語を覆い隠すようなブロックとして表示される。そしてブロックの下を指でなぞると単語が現れるようになっている。メッセージを読むと、送信者には受信者が読んだという通知が送られ、そのメッセージは自動的に消滅する。Confideは無償であり、iOS版Android版が用意されている。

-PR-企画特集