logo

GoPro「HERO4 Black」レビュー--4K動画撮影可能なアクションカメラ - (page 2)

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 解像度、フレームレート、その他の撮影オプションが非常に多いことを考えると、これでメニュー選択がだいぶ楽になる。しかも、Wi-Fiを起動するには別の設定モードに移動する必要があるので、バッグの中で誤ってWi-Fiが起動してバッテリを消費する心配もなくなるだろう。

 左側面には、Micro-HDMIポートとMini-USBポート、64GBまでのカードに対応するmicroSDスロットがある。これらを保護する取り外し可能なカバーが付いているが、すぐになくしてしまいそうだ。Mini-USBポートは、充電のほか、microSDカードからコンテンツを転送するときに使用し、オプションの3.5mmステレオマイクケーブルを使えばスタジオ品質の外部マイクを取り付けることもできる。

figure_3
提供:Joshua Goldman/CNET

 タッチスクリーンは搭載していないが、背面のHEROポートに、GoProの「LCD Touch BacPac」や「Battery BacPac」を接続できる。

 前面の動作ライトは、レンズの隣から小さなモノクロディスプレイ(バックライトが欲しいところだが搭載されていない)の横に移動したが、それを除けば本体のサイズはHERO3やHERO3+と変わらないため、ハウジングやマウントをHERO4に流用できる。

 購入代金に含まれるのは、カメラ本体、水深40mまで利用可能な防水ハウジング、完全防水が不要な場合に高音質を確保できるスケルトンのバックドア、2つの接着式マウント(1つは平面、1つは曲面)、ハウジングの底面に取り付ける水平および垂直のクイックリリースバックル、3方向ピボットアームだ。これを使って、ヘルメットの上部、前面、側面にカメラをマウントできる。

figure_4
提供:Joshua Goldman/CNET

 小さなロック用プラグ(同梱)を使うことで、力がかかったときや振動を受けたときに、誤ってバックルが外れてしまうのを防げるようになっている。充電器は付属しておらず、コンピュータかUSB電源アダプタ(持っている場合)で充電するためのMini-USBケーブルしかない。保存用のmicroSDカードも付属していないため、少なくとも1枚は購入が必要だ。

 HERO3+ Blackと比べてみると、パッケージ内容の唯一の違いは、「GoPro Wi-Fi Smart Remote」が付属していない点だけだ。このリモコンは新しいHiLight/Settingsボタンも利用できるように設計が変更されているため、旧式のリモコンでも動作はするが、新バージョンを80ドルで別途購入しなければならないだろう。

figure_5
提供:Screenshot by Joshua Goldman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]