MSの音声アシスタント「Cortana」、欧州4カ国でアルファ版リリース

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年12月09日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの音声アシスタント「Cortana」がより多くの国々の言語で会話できるようになった。米国時間12月5日にリリースされたMicrosoftの「Windows Phone Developer Preview」アップデートで、Cortanaにフランス語とイタリア語、ドイツ語、スペイン語のサポートが追加された。

 同アップデートは、Developer Preview登録者のみが入手可能な「アルファ」バージョンとして提供されている。

 Microsoftが今回のアルファバージョンのリリースで目指しているのは、「Windows Phone」開発者にCortanaを新言語で使うよう促し、同音声アシスタントの会話力を高めることだ。Cortana担当グループプログラムマネージャーのMarcus Ash氏によると、具体的には、開発者が新しい言語でCortanaと会話するだけで、Cortanaは自動的に能力を高めていくはずだという。

 「当社は米国と中国、英国でCortanaのベータ版を提供しているが、いずれフランスとイタリア、ドイツでもベータ版の提供を開始する計画だ。真のパーソナルデジタルアシスタントであるCortanaに世界中のより多くの人々がアクセスできるようにするため、われわれは尽力している」(Ash氏)

提供:CNET
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加