logo

グーグル「Nexus 6」レビュー(後編)--「Android 5.0 Lollipop」搭載の6インチスマートフォン - (page 3)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年12月04日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Snapdragon 805」プロセッサのおかげで、このスマートフォンの動作はおそろしく高速で、軽快に動作する。アプリドロワーを開く、ウェブページをスクロールする、ホーム画面に戻るなどの日常的なタスクは、すべてまったく遅延なく実行できた。「Riptide GP 2」や「Kill Shot」などのグラフィックスの負荷が高いゲームの読み込み時間は妥当なもので、フレームレートは高く、スムーズなグラフィックで快適にプレイできた。

 実際に使ったときの感触を反映して、ベンチマークテストの結果は、このスマートフォンがパワフルであることがよく分かるものになっている。この結果は競合機種に十分対抗できるものだが、実はGALAXY Note 4の性能は、わずかな差ではあるがNexus 6と「iPhone 6 Plus」をすべての面で上回る。(ただし、これらのスコアは割り引いて見てほしい。メーカーはよく使われるベンチマークソフトでよいスコアが出るように調整することがある)

3D Mark Ice Storm -- Unlimited

Google Nexus 6
20,721
サムスン Galaxy Note 4
21,007
Apple iPhone 6 Plus
18,054
注: 数字が大きいほど高パフォーマンス

Geekbench 3

Google Nexus 6
1,052
3,263
サムスンGalaxy Note 4
1,110
3,283
Apple iPhone 6 Plus
1,626
2,922
凡例:
(上)シングルコア
(下)マルチコア
注: 数字が大きいほど高パフォーマンス

 ベンチマーク結果は、3回の試行のうちもっとも高いスコアを採用した。たとえば、通常の3D Mark Ice Strom UnlimitedアプリをNexus 6、GALAXY Note 4、iPhone 6 Plusでそれぞれ3回実行し、3つの結果のうち最高のスコアを採用している。GALAXY Note 4の21007というスコアは、性能がもっとも高く、フレームレートも高いことを示しており、それにNexus 6とiPhone 6 Plusが続く。Geekbench 3を使用して、シングルコアとマルチコアのテスト結果を両方とも取ったが、結果は同じで、Nexus 6の性能はGALAXY Note 4とiPhone 6 Plusの中間だった。

 Nexus 6が記録したQuadrantの最高スコアは13553であり、マルチスレッド処理のベンチマークテストであるLINPACKの記録は、0.44秒で386.85MFLOPSだった。Quadrantのスコアは、ほかのベンチマークのスコアや、同クラスのスマートフォンのスコアが20000を超えていることを考えると、奇妙なほど低い。平均すると、電源オフには約1分16秒かかり、カメラの起動には2.48秒かかる。

 3220mAhのバッテリは、Wi-Fiを利用したウェブ閲覧で推定8.5時間、LTEを使用した場合は7時間持つ。また、通話時間で7時間、待ち受け時間で300時間持つとされている。米CNETが毎回行っている、動画を連続再生するバッテリ持続時間テストでは、11時間56分の持続時間を記録した。実際に使ってみた経験では、LTEを中程度に使い、輝度を最大に上げた状態で使用した場合、平日が終わった時点で30%ほどバッテリが残っていることが多かった。

 また、バッテリを使い切った状態からNexus 6を充電するのにかかる時間も計測した。付属のターボ充電器を使用した場合、50%になるまでに43分かかり、満充電までは1時間50分だった。FCCの計測値によれば、このデバイスのSARは0.93W/kgだ。


T-Mobileのネットワークを使用したデータ通信速度計測結果(左)と、Quadrantのベストスコア(右)
提供:Lynn La/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]