logo

日本発グルメはシンガポールで受け入れられるか--「楽天市場」11店舗の挑戦 - 18/18

井指啓吾 (編集部)2014年11月26日 15時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「築地料亭 竹若」は、海鮮丼をシンガポール向けに改良した「ジャパニーズ シーフードパフェ」を販売。築地料亭の総料理長である津野修一氏(写真左)がその場で作る。初日は「本マグロ」の意味が現地の人々にうまく伝わらず苦戦していた。

 この10日間は現地の人々の反応に合わせて提供方法を変えていく方針。津野氏の腕が試される。

 「築地料亭 竹若」は、海鮮丼をシンガポール向けに改良した「ジャパニーズ シーフードパフェ」を販売。築地料亭の総料理長である津野修一氏(写真左)がその場で作る。初日は「本マグロ」の意味が現地の人々にうまく伝わらず苦戦していた。

 この10日間は現地の人々の反応に合わせて提供方法を変えていく方針。津野氏の腕が試される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]