logo

[ブックレビュー]企画に携わる仕事人のための参考書--「なんクリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講談社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 224ページ / 講談社 / 価格:1944円 / 著者:福田 敏也 / 発売日:2014/10/30 / 外形寸法 (H×W×D):18.4cm×12.8cm×2.1cm / 重量:0.2 kg
内容:企画職についていなくても、企画を考えなければならないケースは多い。しかし、そもそも企画とは何か、どうやって作るのか、きちんと説明できる人は意外と少ない。ビジネスパーソンとして関わることの多い“企画”について、きちんと説明し、指南してくれる1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 「企画」はぼんやりとした概念の仕事だ。本書はどういうことをするのが企画の仕事なのか、また企画ができるようになるにはどうすればいいのか、さらには、企画とはどのようにするのかを、具体的に段階を追って説明している。実際には、「企画職」についていなくても、企画を考えなければいけない場面はたくさんある。本書は、そうした企画を考えなければいけないすべての仕事人の参考書だ。

 本書は、アイデアの出し方や、発想のヒントになるような言葉を並べたてたような本ではない。自分との向き合い方から始まり、視点の変え方、マーケティングデータの読み方、名作の分析・解析方法など、具体的で実践に生かせる技術を教えてくれる。また、企画職に就いてから何年目なのかに注目し、段階ごとに向き合うべき次の課題について触れている。これは、周りに自分を叱ってくれる人がいなくなりつつある世代にも、効くはずだ。

 急に「何か新しい企画を考えろ」と言われても無理な話だろう。著名人の過去の仕事を参考にしても、そこからヒントを得られる人は、すでに指導がいらないような人であって、たいていの場合は「企画の立て方」を知らないまま、手探りで進むことになる。普段から、いかにアンテナを張って、自分自身を鍛えておくことが重要かが本書から学べる。

-PR-企画特集