logo

インテル傘下Basisのフィットネストラッカー「Peak」、新機能やアクセサリなど発表

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年11月21日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intel傘下のウェアラブルデバイスメーカーBasisは米国時間11月20日、フィットネストラッカー「Basis Peak」がBluetoothのGATTプロトコルに対応したことを発表した。サードパーティーのアプリは、このプロトコルを用いてBasis Peakから送信される心拍数データを共有できる。これにより、心拍数を常時追跡するBasis Peakは、人気が高い他のフィットネスアプリからリストバンド型心拍モニタとして利用できるようになり、逆に、そうしたアプリの機能を使ってBasis Peakを強化することもできる。まずは「Strava」「RunKeeper」「Endomondo」などのアプリがBasis Peakと連携する。これまで、Basis Peakは外部のアプリと連携していなかった。

 約束されていたBasis Peakの「スマートウォッチ」通知機能はまだ実現していないが、12月中旬までにはファームウェアのアップグレードを通じて搭載され、電話の着信やショートメッセージ、カレンダーのイベントが画面に表示されるようになる。コーチングを表示する機能についても期待されていたが、それについてはまだ何も発表がない。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 新しい「SportVent」ストラップも、レッド、ブルー、ブラック、グリーン、コーラルの5色展開で12月中旬に発売される予定だ。Basis Peakに付属のストラップと同様に、クイックリリースピンで簡単に取り付けや取り外しができる。

 Basis Peakは、今のところ米国でしか販売されていないが、12月中旬から、カナダではBest BuyやFuture Shopを通じて、イギリスではAmazonを通じて販売されることになっている。

提供:Basis
提供:Basis
提供:Basis
提供:Basis

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集