分解、「iPad Air 2」--より薄くなったアップル旗艦タブレットの内部 - 2/37

Bill Detwiler (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年11月14日 07時30分
 iPad Air 2は、幅と高さは2013年の「iPad Air」と同じだが、これまでよりわずかに薄くなっている。重量も数g軽くなったが、違いは気付かないほど微々たるものだ。

 iPad Air 2の「Retina」ディスプレイの解像度は2013年モデルと同じではあるものの、新たに反射防止コーティングが施されている。また、前面パネルとディスプレイを一体化したフルラミネーションディスプレイが初めて採用された。このディスプレイは、分解作業に間違いなく影響を及ぼした。

 iPad Air 2は、幅と高さは2013年の「iPad Air」と同じだが、これまでよりわずかに薄くなっている。重量も数g軽くなったが、違いは気付かないほど微々たるものだ。

 iPad Air 2の「Retina」ディスプレイの解像度は2013年モデルと同じではあるものの、新たに反射防止コーティングが施されている。また、前面パネルとディスプレイを一体化したフルラミネーションディスプレイが初めて採用された。このディスプレイは、分解作業に間違いなく影響を及ぼした。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]