logo

シャープ、超高精細736ppiのスマホ向けIGZO液晶パネルを開発

藤井涼 (編集部)2014年11月12日 06時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、IGZO技術を採用し、超高精細736ppiを実現した4.1型のスマートフォン向け液晶パネルを試作したことを発表した。今後はIGZO技術を採用した4K向けスマートフォンパネルの開発を進め、2016年ごろの製品化を目指すとしている。


 この液晶パネルは一般的なスマートフォンの液晶パネル4.7型 HD720(1280×720)の約312ppiに対し、約4倍以上の画素数を実現。画素密度は約2倍以上で、画素サイズは約4分の1となる。これにより、従来はLTPSが得意としていた高精細化技術において、IGZO技術を用いて同等のものが作れるとしている。

 同社では、今後も最先端パネルの取り組みはLTPS(三重第3工場)で続ける一方で、4Kモバイル機器向けのパネルの需要に備えて、亀山第2工場におけるIGZO技術を進化させ、LTPS並の高精細パネルが生産できる体制の構築を目指すとしている。

-PR-企画特集