logo

楽天、フリマアプリ事業に参入--「ラクマ」近日公開へ

井指啓吾 (編集部)2014年11月10日 17時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天がCtoCフリマアプリ事業に参入することがわかった。近日中に正式に発表し、iOSとAndroidで提供を開始すると見られる。詳細について、楽天の広報担当者から回答は得られなかった。

  • 「ラクマ」という新サービスのページがオープン

 11月7日に公開されたティザーサイトでは、新サービスを始めることと「ラクマ」という名前のみが明らかになっていた。

 楽天では過去に、CtoCオークションサービス「楽天フリマ」を展開していたが、2005年のオークション事業再編にともない「楽天オークション」に移行した。

 フリマアプリは「メルカリ」や「Fril」などを中心として市場が拡大している。ダウンロード数は、メルカリが11月6日時点で600万件あまり、Frilが10月29日時点で200万件あまり。

 メルカリは3月に約14億5000万円、10月に約23億6000万円を、Frilを運営するFablicは9月に約10億円を調達。2社ともテレビプロモーションなどを実施し、ユーザー数の拡大を図っている。

 楽天のようにもともとEC事業を展開する企業では、ヤフーが先行して「ClooShe(クロシェ)」という女性向けフリマアプリを提供している。

◇メルカリは米国展開中
メルカリの米国展開はどうなるか、国内フリマアプリ市場のこれからは--山田氏に聞く

◇Frilはプロモーションを本格化
フリマ元祖「Fril」が10億円調達--メルカリとは「真っ向勝負しない」

-PR-企画特集